金物総合研究所代表・金物情報ニュース編集発行人 湯淺健夫
© 金物総合研究所 All Rights Reserved
 
被災地の皆様に御見舞い申し上げます。一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

写真右端の黒い262m建物がトランプ・ワールド・タワー、その左のイースト川沿い22m、高さ7m4階建て国連理事会ビルには安全保障理事会などの議場がある。後ろは154mの国連事務局ビル。左へプレスペクト、チューダー、ウインザーと100年ほど前に住宅用に建てられたチューダー様式の煉瓦のタワーが並ぶ。後ろには319mのアールデコ様式のクライスラー・ビルと427mのワン・ヴァンダービルト。少し離れてエンパイア・ステート・は381m。左端の約160mの2棟が空中廊下で繋がる住宅はアメリカン・カッパー・ビルディング。対岸の東の空から朝日が昇り、マンハッタンも漸く白み始めた。「平安」への実りある話し合いの年になる事を願い祈る。

〔2024年1月パラグラフより〕


  
   
TOP
購読のご案内
研究所について
リンク
 
 
バックナンバー
バックナンバー
INDEX
 
Photo Gallery
 

 

「金物情報ニュース」 毎月10日発行の新聞です。
最新ニュースやタイムリーな情報を、金物小売店をはじめ、問屋、メーカー、団体、建築金物・建材、エクステリア、DIYの関係者の皆様に提供しています。

「パラグラフ」 視野を少し広げた話題です。是非お読み下さい。

Photo Gallery

  東京の風景 他 アップしました

 

金物情報ニュース

購読のご案内

 

バックナンバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<Headline>  6月10日号  通巻第254号

■ 「第36回・通常総会」開催 5月16日に総会後の「懇親会」

日本インテリア協会

総会後の「懇親会」で挨拶する永嶋元博会長

■ 「第75回・通常総会」開催 新理事長に野口栄一氏選出

東京金物卸商協同組合

■ 吉田忠裕氏「旭日重交渉光章」受章 5月9日/宮中で伝達式

YKK /YKK AP

■ 第19回「定時総会」開催 2024年度事業計画を発表

日本アルミ手摺工業会

■ 4月22日に新事務所へ移転 5月22日「竣工記念会」を開催

日本ガス石油機器工業会

■ 「記者会見」と「懇親会」を開催 5月21日/グランドアーク半蔵門

日本シヤッター・ドア工業会

■ 「炭協会本部会総会」を開催 「時局講演会」を併催

ユアサ商事

■ 次世代を競うフォトコンテスト「エクススタイル大賞2024」開催

YKK AP

■ 応募対象を大幅に拡大 ワンダーエクステリアデザインコンテスト2024

三協立山・三協アルミ社

■ 「危害防止装置」に搭載する 予備電池を順次切り替え

文化シヤッター

■ ◎2024年3月期 第4四半期決算

LIXIL/文化シヤッター/ユアサ商事

■ 「エクステリアコンテスト2024」 応募締め切りは7月18日(木)まで

LIXIL

■ 2024年3月エクステリア製品出荷統計 前年比87,7%

日本エクステリア工業会

 

金物店ニュース


パラグラフ

 

バックナンバー

 
s


5月1日、能登半島地震から4か月。石川県輪島市の全小中学校で給食再開▼2日、49カ国・地域参加のOECD(経済協力開発機構)閣僚理事会をパリ本部で開催。議長国日本はAI(人工知能)の国際的ルールの設立表明▼7日、露・プーチン大統領(71)の通算5期目の就任式▼8日から15日に太陽フレア15回。低緯度地域にもオーロラが発生し、日本でも北海道から石川県など16県以上で低緯度特有の赤いオーロラ観測。明月記に1204年2月21日と23日の京都の夜空の赤気が記されている。国立極地研究所の片岡龍峰氏がオーロラであったと解明し2017年2月27日の米科学誌「Space Weather」に掲載。奇しくも同日に北極圏で真上に北極星が輝く中、緑や紫のオーロラに包まれ過ごした一夜を思い出す▼8日、聖火を載せた帆船がアテネからマルセイユに到着▼14日、シャープ株式会社は大型液晶パネルの撤退発表▼19日、イランのライシ大統領やアブドラヒアン外相等は悪天候によるヘリコプター墜落事故で死亡▼19日、ダルビッシュ有投手(37)が日米通算200勝達成▼20日、混雑解消のため富士山吉田ルートを1日上限4千人で入山規制し予約開始。開山期間は例年7月1日から9月10日まで▼20日、台湾・頼清徳新総統(64)就任式▼21日、EU(欧州連合)はAI(人工知能)の開発や利用規制法案を成立▼21日、世界唯一の捕鯨母船「関鯨丸(かんげいまる)」は下関港を初出航し、24日に東京港寄港した後、30日に捕鯨成功▼東京タワーの333匹の鯉幟は、2011年から東日本大震災復興祈願を込め三陸海岸大船渡市の大漁旗と6mのサンマの幟も立てられる。今年は3月20日からで海外観光客も多く英・伊・仏語等も飛び交う。嘗て紅葉山と呼ばれ海軍の水交社や料亭紅葉館があった地で、明治時代に長岡安平が作庭の「もみじ谷庭園」もあり、10mの滝など渓谷散策も楽しんでいた。新緑の眩しさの中で世界中の人々が同じ安らぎが持てる日を願う。<写真:カーソルを合わせ題名表示>

「東京タワーと333匹の鯉幟」東京・港区

「東京タワーと333匹の鯉幟」東京・港区

「サンマの幟」東京・港区

「サンマの幟」東京・港区


 

 

 

金物総合研究所 金物情報ニュース