金物総合研究所代表・金物情報ニュース編集発行人 湯淺健夫
© 金物総合研究所 All Rights Reserved
 
COVID-19に罹患された皆様の早いご快復をお祈り申し上げます。
医療関係従事及び日常を支える為に働いている皆様とご家族に感謝申し上げます。
被災地の皆様に御見舞い申し上げます。一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

  
   
TOP
購読のご案内
研究所について
リンク
 
 
バックナンバー
バックナンバー
INDEX
 
Photo Gallery
 

 

「金物情報ニュース」 毎月10日発行の新聞です。
最新ニュースやタイムリーな情報を、金物小売店をはじめ、問屋、メーカー、団体、建築金物・建材、エクステリア、DIYの関係者の皆様に提供しています。

「パラグラフ」 視野を少し広げた話題です。是非お読み下さい。

Photo Gallery

  東京の風景 他 アップしました

 

金物情報ニュース

購読のご案内

 

バックナンバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<Headline>  8月10日号  通巻第232号

■ CP+「シーピープラス」2023 2023年2月23日〜26日(4日間)開催

カメラ映像機器工業会

■ Let!s eat Water! 水を飲むだけでなく、「食べる水」

三菱ケミカル(クリンスイ)

■ 2022年度積算資格認定試験 認定試験は11月18日(全国7会場)

日本サッシ協会/建築開口部協会

■ 「リックパースコンテスト2022」「受賞作品と”RIK CAD11”を紹介

ユニマットリック

■ ハイグレード仕様のカーポート 「ジーポートPro」シリーズ発売

YKK AP

■ 停電時でも車載コンセントとつなげる ガレージシャッター電源供給システム

文化シヤッター

■ 第58回 JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2022「記者発表会」

日本DIY・ホームセンター協会

■ 「植物工場システム」を共同開発 茨城・土浦工場に導入

三協立山/大和ハウス工業

■ TDYリモデルスマイルコンテスト 募集期間=8月1日〜10月31日

TOTO/DAIKEN/YKK AP

■ 3階建て住宅に対応した 屋外鉄骨階段廊下ユニット

文化シヤッター

■ 豪MAX DOOR SOLUTIONS社 全株式を取得(子会社化)

文化シヤッター

■ TOSTEM「窓・玄関ドア」 CO2削減の認証を取得

LIXIL

■ 関東グランドフェア2022 7月8日〜9日/幕張メッセ)・田村社長の開会挨拶

ユアサ商事

■ 「オーニング協会・総会2022」 3つの「特別セミナー」を併催

日本オーニング協会

■ 2022年暑中所感 ミッドテリアの空間演出「オーニング」

日本オーニング協会代表理事・宮本 明

■ タカショー・ガーデン・エクステリア・フェア2022 7月28日・29日「ハイブリッド展示会

タカショー

■ 『メタバガーデン』アプリに 3つの新機能を追加

タカショー

■ LIXILエクステリア展示会特設サイト バーチャル映像で「最新商品」を紹介

LIXIL

■ 新会長に岩崎真也氏(LIXIL) 6月15日に「通常総会」を開催

日本エクステリア工業会

■ 2022年5月 エクステリア製品出荷統計

日本エクステリア工業会

 

金物店ニュース


パラグラフ

 

バックナンバー

 
s


ナイアガラの滝は五大湖の大西洋に流れ込む最後のエリー湖とオンタリオ湖の間のナイアガラ川にある。ゴート島右の馬蹄形が幅675mのカナダ滝、左が幅330mのアメリカ滝で、その一番右の幅15mはルナ島との間にありブライダルベール滝と呼ばれる。三大瀑布の中で唯一都会のビルが近くに並び、それぞれの滝の近くまで行かれる。一望して眺める滝は優雅で美しく、濡れながら見る間近の滝は激く自然の猛威を実感させられる。冬は凍るが夏はカモメも水浴びを楽しんでいた。水の浸食を防ぐ工事が行われているが、それでも2万5千年後には消滅するという。それは46億歳の地球の年月ではそれ程遠いことではないのかも知れない▼7月1日、ユネスコは「ボルシチ」をウクライナ伝統料理文化として無形文化遺産登録▼2日から5日、86時間のKDDI通信障害。ルーターの交換時の作業マニュアル取り違えの人為的ミスが原因▼6日、スリランカはコロナパンデミックによる観光業壊滅で国家破産宣言▼8日、安倍晋三元首相(67)が奈良市の参院選街頭演説中に銃撃され死去。主要国トップ達の信認が厚く日本の存在を国際的に高めた。各国から追悼メッセージが寄せられている▼10日、テニス・ウィンブルドン車いす部で国枝慎吾(38)が優勝し、パラリンピックの金メダルと合わせ「キャリア・ゴールデンスラム」達成。ダブルスは2008年に「キャリア・グランドスラム」を達成している▼15日から8月9日まで全国20公演のキエフ・バレエは侵攻後の初海外公演。120人の団員中キーウに残るのは30人ほど。戦火で死亡や銃を掲げ戦っている団員もいる。訪れた16日は雨だったが、子供の姿もあり温かな熱気に溢れていた。映画「ひまわり」彷彿させる向日葵畑の前で、ウクライナ伝統舞踏ゴパック(コサックダンス)で幕を開け、ウクライナ文化庁要請で「白鳥の湖」等チャイコフスキー演目は最終的に外されたが研鑽を怠らぬ最高峰の演技を披露した。幾度ものカーテンコールの最後にウクライナ歌劇団副芸術監督であり、キエフ国立バレエ学校芸術監督の寺田宜弘氏(46)も登壇。欧州に留まり団員や生徒の支援をしているという。キーフのウクライナ国立歌劇場は5月21日に「セビリアの理髪師」を皮切りに再開。席は3割、約4百円から2千円程度だが、希望への道である▼19日、羽生結弦(27)が決意表明会見。他競技のようにAI 判定導入の学術論文も出したがISUは消極的。試験問題を解く学校は卒業し自己の研究の世界に入り、本当の意味でのより強くより高みを目指すのだろう。大谷選手と共に1994年生まれ。世界を震撼させる東北の覇者達に幸いあれ▼24日、桜島の南岳が噴火し警戒レベルを最大の5へ▼24日、上皇様(88)は右心不全の治療開始。上皇后美智子様(87)は後発白内障手術。共に経過は良好。26日、コロナ感染で治療中の三笠宮妃百合子様(99)が退院。末永いご健康を心から祈る。<写真:ナイアガラ川よりカナダを臨む・アメリカ滝のカモメ・キエフ・バレエ・ガラ2022(東京国際フォーラム)/カーソルを合わせ題名表示>

ナイアガラ川よりカナダを臨む

アメリカ滝のカモメ

キエフ・バレエ・ガラ2022・東京国際フォーラム


 

 

 

金物総合研究所 金物情報ニュース